最新情報News

2017.09.28

八重山ミンサー織フェア

ショップ

写真

写真

「八重山ミンサー」は素材が木綿、組織が平織、生産地が沖縄県の八重山諸島「竹富町」を発祥とする織物です。最大の特徴は、五つと四つの絣に「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く…。」という想いが込められ、その昔想いを寄せる男性に女性から、婚約の証として贈られていました。

そのミンサー織に、南国の自然をモチーフにした豊かな色彩やデザインを取り入れた帯やバッグ類、シャツや雑貨小物などの多彩なアイテムを取り揃えました。旅の思い出やプレゼントにおすすめです。

期間 2017年10月1日(日)~11月30日(木)
時間 8:00~22:00
場所 スーベニアショップ/セントラルタワー3F
価格

花瓶敷き(小)¥800~
タウンバッグ ¥9,800~(共に税別)

《提携先》
株式会社あざみ屋「みんさー工芸館」
1971年設立。代表・新 賢次、八重山みんさー織 織元・新 絹枝の願いの込められたミンサー織は「守り・育てる」という気質を持って、暮らしの中に取り入れられる”ものづくり”を目指すと同時に、一つ一つを丹念に作っています。

◆お問い合わせ
ザ・ブセナテラス「スーベニアショップ」
 0980-51-1333(ホテル代表)