タンディガータンディ

食材の魚、エビ、野菜、肉が盛られたテーブル

宮古島の方言で「深い感謝」を意味する「タンディガータンディ」。フォアグラのポワレには細い麺状のカダイフで巻いたジーマミ(落花生)豆腐を添えて食感が楽しい一品に。水槽から出したばかりの活き伊勢エビはバターで香ばしく焼き上げ、車麩のラスクを合わせます。自家菜園で育まれた島野菜や沖縄県産の素材を、シェフの華やかなパフォーマンスと共にご賞味いただけます。

期間 2018年7月1日(日)~9月30日(日)
時間 17:30~22:00(ラストオーダー21:30)
場所 鉄板焼レストラン「龍潭」
料金 1名様 ¥25,000(サービス料込み・税別)
下地浩二シェフ

下地 浩二 鉄板焼きレストラン「龍潭」シェフ

毎回ユニークなコースタイトルを考案しているのは、宮古島出身の下地シェフ。「宮古島の方言なので、意味をご存知のお客様はまれです」と茶目っ気たっぷりに笑う。タイトルの説明から始まるメニュー紹介が、お客様との会話のきっかけになって、ディナーに華やぎが加わる。ザ・テラスホテルズで腕を振るって18年。ジ・アッタテラス「龍潭」の指揮をとる下地シェフは、常に感謝の心を込めたおもてなしでゲストとの絆を育んでいる。

◆ご予約・お問い合わせ
ジ・アッタテラス クラブタワーズ
098-983-3333(ホテル代表)

季節のメニュー Season Menu