滞在シーンStay Scenes

楽園のビール

シーフードマーケット「ランブルフィッシュ」にはブルワリーがある。
そこでは専任のブルワーが日々、新しいビールを開発し、醸造している。
ブセナでしか味わえない、特別なビールを探す旅へ。

ブセナ岬の先端にあるシーフードマーケット「ランブルフィッシュ」の店内、入り口を入ってすぐの場所にあるミニブルワリーが目にとまる。ここでは日々、新鮮なクラフトビールが仕込まれている。

ビールを醸造するのは、専任のブルワー・真境名しのぶ。彼女が開発し、商品化されたクラフトビールのうち、3種類が今年の「ジャパン・グレートビア・アワーズ2019」で金賞と銅賞に輝いた。

ビールの原料は多くの人が知るところだが、ここでは姉妹ホテル「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」の自家農園で育てた無農薬小麦を使用している。クラフトビールの魅力であるテイストも、同農園のハーブなどを使って独自の風味を追求。

先のアワーズで金賞に輝いた「IPA」、銅賞の「ゴールデンウィート」はぜひ味わいたい。同じく銅賞を得た「ブセナゴールド」は、レモングラスとウコンを風味付けに使った鮮やかな金色が特徴で、ザ・ブセナテラスでしか飲めない逸品。

出来立て、絞りたてのクラフトビールはなかなか味わえないもの。冷たいビールがサーバーからグラスに注がれ、きめ細かで真っ白な泡がグラスの縁を覆う。

東シナ海に沈む夕陽を眺めながら、新鮮なシーフードをつまみにグラスを傾ける至福のひと時。この夏はその瞬間を楽しみにレストランを選ぶのも一興。

8月にはブルワー・真境名がクラフトビールの魅力を紹介するセミナーも開催される。彼女の作ったビールをテイスティングしながら、ビールに注がれる作り手の愛情を聴くのもお勧め。

その場所でしか味わえないビールには、その土地の香りがする。
金色の泡立ち、クリーミーな泡、さわやかな喉越し、その向こうに広がる沖縄の海。
にぎやかなシーフードマーケットの様子や香ばしいグリル料理の香りが相まって、特別な味わいを生む。

「ランブルフィッシュ」ページへ 「クラフトビールセミナー」へ